ハウスクリーニングで住宅を綺麗にする|相場を把握しよう

  1. ホーム
  2. 高度な清掃を行う

高度な清掃を行う

掃除用品

遺品整理業者と混合されやすい特殊清掃

特殊清掃とは主に独居死、孤独死、孤立死などの変死体があった屋内外の汚染除去や血液除去、腐乱・腐敗した体液や肉片の除去、死臭や腐乱臭の招集、感染症予防の為の消毒やその他原状回復や復旧をサポートするサービスです。近年遺品整理業者と混合されることもありますが、専門性や知識、スキル等が異なる全く別物の業種です。遺品整理業者はその名の通り故人の遺品の活用、処分などのノウハウを元としています。特殊清掃は清掃がメインなのです。ハエやウジなどの不衛生害虫駆除から残置物処分なども行います。それだけでなく清掃員は亡くなった人に対しての供養やお祓いに関わることもあります。他にもごみ屋敷と呼ばれる場所の清掃を行うこともありますし、警察からの依頼による身元不明の納棺、火葬までの搬送を行うこともあります。

特殊清掃業とはどのようなものなのか

普通に生活していると特殊清掃業に関わることは殆どありません。しかし、いつどこで必要になるか分かりません。核家族化が進む中で孤独死や孤立死などよく耳にします。死後数週間や数ヶ月となると住んでいた場所はもちろん、その匂いなどは近辺にまで広がります。そのような現状を回復するのが特殊清掃ですが、その特殊清掃員には様々な知識が要求されます。医療環境管理士もその一つです。現場における感染防止や廃棄物管理など本来ならば医療に関する資格です。同じように必要とされる臭気判定士は腐臭や死臭のついた部屋の中などをにおいが感じなくなるまでにするのに役に立ちます。このように様々な専門知識を持った者によって使用不可能になった現場を今後も活用できるレベルまで回復させるのです。